大会詳細

今後も更新していきます。

企画詳細

Created with Sketch.

概要は下の概略図をご覧ください。

【予選ラウンド】7○3×クイズ

1.参加者は複数の部屋に分かれます。(第1セットは抽選、以降は前セットの成績による)

各部屋、同じ問題を使用しての7○3×早押しクイズを行います。

7問正解で勝抜け(勝抜け順に上位)、3問誤答で解答権を失います。

※本大会では解答権を失った場合でも「失格」にはならず、順位判定も解答権剥奪段階での○と☓の数がそのまま適用されます。

2.15分間、60問限定、もしくはN名勝ち抜けるまで行います(Nはセット・部屋により異なる)。

第4セットのみ20分間、80問限定に拡大します

3.各セット上位N名は「勝」となり「1勝」を獲得。上位N名以外の方は「敗」となり、「1敗」がつきます。

4.勝ち抜け者以外の順位は、「正解数-誤答数」で決定。

 同点がいた場合の順位決定方法は、「勝」「敗」に関わる場合か、そうでないかで異なります。 

 

<「勝」「敗」に関わる場合>

3問限定のサドンデスを実施。1問正解で「勝」、1問誤答で「敗」とする。

 順位は先に正解した方が上位、先に誤答したほうが下位となる。

それでも決着がつかない場合は「「勝」「敗」に関わらない場合」の基準に準じる。 

 

<「勝」「敗」に関わらない場合>

 これまでのセットの成績+エントリー順によって決定します。

 具体的には「第4セットまでの順位」>「第3セットまでの順位」>「第2セットまでの順位」>「第1セットまでの順位」>エントリー順(早い人を上位)によって順位を決定します。

 

5.2セット目以降は「勝」の数が同じ人同士で戦います。 これを4セット繰り返します。

 

6.第4セット終了時までに3勝以上した人は「準決勝」に進出。 惜しくも3勝できなかった人は、「最終予選」に回ります。

 

※時間制限がありますが、矢継ぎ早に問題を読むのではなく、問題のフォローなども通常通り行います。その上での「15分」とご理解ください。


【準決勝&最終予選】アタック25分

 予選ラウンドで「3勝以上」の方は同じ部屋に集まり、「準決勝」としてアタック25分を行います。

 予選ラウンドで「2勝以下」の方は数部屋に分けられ、「最終予選」としてアタック25分を行います。

 

【準決勝・最終予選 共通ルール】

1.25分間または175問限定の早押しクイズです。
2.通常時(開始~20分経過)は、正解すると+1ポイント、誤答すると-1ポイント&×が1つつきます。 

 ラスト5分は「アタックチャンス」となり、正解すると+2ポイント、誤答すると-2ポイント&×が2つつきます
×が5つ以上になると解答権を失います ※失格ではないのでポイントは残ります。
4.終了時に、ポイントにて順位決定します。同点がいた場合には、予選ラウンドと同じ決着方法を用います。
※ 10分終了時と20分終了時に、1分間のインターバルを設けます。この時間は「25分」にはカウントしません。

 

【準決勝 追加ルール】

1.予選ラウンドで「4勝」だった人には最初に10ポイントのアドバンテージが与えられます。
2.上位3名は決勝進出4位以下はプレーオフ進出となります。

【最終予選 追加ルール】

1.予選ラウンドで「2勝」の方には予選開始時に6ポイント「1勝」の方には3ポイントのアドバンテージが与えられます。
2.各部屋の上位1名のみがプレーオフ進出となり、それ以外の方は残念ながら敗退となります。

準決勝/最終予選終了後、新人王/早押王両参加者が1部屋に集まり、プレーオフと決勝を実施します。

【プレーオフ】ビッグウェーブクイズ

1.まずは最終予選を勝抜けた全員が早押し席に着きます。
2.各自3ポイントを持った状態でスタート
3.正解時
持ち点が3ポイント → 自分以外の全員のポイントを-1ポイント(ビッグウェーブ!)。
持ち点が2ポイント以下 → 自分のポイントを+1ポイント。
誤答時
自分のポイントを-1ポイント
4.持ち点が0ポイントになったらその時点で失格
5.失格により早押し席の解答者が7名以下になった場合は、
解答者が8人になるよう準決勝下位から順番に席に着きます。
(補充される解答者は3ポイントを持って席に着きます)
6.最後に残った1名が決勝進出!
7.問題は70問限定。制限時間はなし。2名以上残った状態で限定問題数が終了した場合は、
「ポイントの残数(席に着いてない人は3ポイントでカウント)」 >「準決勝・最終予選の順位(準決勝4位>・・・>準決勝最下位>最終予選1位>最終予選2位)」 >「予選ラウンドの順位」
で決定。

 

【決勝】10○4×クイズ

1.準決勝勝者3人+プレーオフ勝者の4人で行う決勝戦。
2.いち早く10問正解すると優勝!
3.4問誤答すると失格 

※予選と異なり正解数は残らず、失格した順番に最下位となる。
4.問題は70問限定。制限時間はなし

限定問題数が終了した場合の順位は
「正解数-誤答数」>「準決勝・最終予選の順位」
で決定。

(優勝決定時の2位以下の順位もこれに準じて決定)

出題責任者紹介

Created with Sketch.

本大会の問題は、各地で開催される「第11回新人王早押王」の問題をそのまま用います。
午前の部・午後の部で、出題チーフと傾向が異なります。
皆さんのご都合(午前午後どちらが予定が合うか)と、どちらの傾向の方が合いそうかなどを踏まえ、参加する傾向を選択して下さい。

午前の部出題責任者: 松本裕輔 

戦歴:
『第19回勝抜杯』準優勝
『マン・オブ・ザ・イヤー2000』準優勝
JQSグランプリシリーズトップリーグ第1戦優勝など。

午後の部出題責任者:萬谷祥輝

戦歴:
第8回西日本早押王優勝、第10西日本早押王準優勝

abc14th筆記1位、第18回勝抜杯筆記1位など

出題責任者が答えたアンケートは、以下をご覧ください。

準備中

Created with Sketch.

企画概略図

大会の企画構成の概略図です。
参加者全員が「7〇3×」4試合と、180問限定の「アタック25分」に参加できます。
また予選は、試合が進むにしたがって「実力が近い者同士」で対戦する仕組みになっています。
これにより、全参加者が(誤答失格しない限り)約400問の早押しクイズに挑戦できるルールとなっています。